BIM設計にも対応の建築3DCAD「Revit」とは?CADEWAとの互換性もあわせて解説

3次元のオブジェクトに様々な情報を集約する「BIM」は、企画設計、施工、保守管理といった従来の建設生産のプロセスそのものの効率化に役立つとして、業界や国を挙げて推進されています。「BIMモデル」はBIM設計に対応しているソフトウェアでしか形成することができず、また閲覧や編集といった操作も従来の2DCADはもちろん、3DCADも非対応ソフトは用が不可能なので注意が必要です。

今回はBIMモデルに特化した設計ソフト「Revit」と互換性のある設備CAD「CADEWA Smart」について解説します。

Revit(レビット)とは

Revit(レビット)は、AutoCADでも有名なアメリカのAutodesk(オートデスク)社が開発した建築用の3DCADソフトです。BIMモデルの設計に最適なツールの1つで、意匠設計・構造設計・設備設計の機能を有した汎用性の高いソフトウェアとなっています。RevitのみでBIMを使った各作業が完結できるだけでなく、建築設計、機械や配管、建築施工といった異なる分野や業者との連携も可能であり、共同設計プロセスを支援しています。

BIM活用のメリット

前述したとおり、BIMに特化したRevitを用いることで建設生産における幅広いプロセスの効率化や品質向上につながります。企画設計を例にそのメリットを確認してみましょう。

建築設計においてはRevitのみでコンセプト設計から施行用図面まで作成することが可能になっており、コンセプトからビジュアライゼーションまですべての工程をカバーできます。BIMツールとしては申し分なく活用できるでしょう。さらに構造設計の詳細な情報とBIMモデルを連携させることで、各オブジェクトの設置の精度や作業効率の向上が見込めます。また、設備設計でも各オブジェクトに情報を盛り込めるため、資材の適正数の把握、整合性の確認が容易になり、効率的かつ精度の高い設計が可能です。

さらに企画設計の次の段階である施工においても、様々な情報がBIMモデルに集約されているため、施工時のリスクを低減でき、図面の差し戻しや修正といった手間の軽減にもつながります。

RevitとCADEWA Smartの互換性

BIMによる建設生産の効率化を最大化するためには、各工程に関わる業者がBIMのデータを閲覧、編集、抽出ができる環境を構築しなければなりません。そのためには、BIMに対応したソフトウェアの導入が不可欠です。ただ、全ての業者がRevitのように汎用性の高い3DCADが必要というわけではありません。

例えば、設備設計を専門に担う業者にとって意匠設計や構造設計の機能を有したソフトウェアは、無駄が多くコストも増大してしまう可能性が高いです。そこでおすすめなのが、設備設計に特化していることに加え、BIMにも対応しているCADソフトの導入です。

例えば、富士通四国インフォテックが提供する「CADEWA Smart」では、Revitで作成した「.rvt」もしくは「.rfa」などのBIMのデータの入出力が可能になっています。3次元の形状だけでなく、Revit User Group(RUG)の定義する属性情報の受け渡しもできます。さらにデータの受け渡しで発生しがちな互換時の抜け漏れ対策として、整合チェックリストの出力も可能です。

さらに詳しく知りたい方はオンラインデモがおすすめ

BIMソフトウェアの「Revit」の概要と導入するメリットについて解説しました。Revitの導入が進めば、取引する業者にとってもBIMに対応しなければならない可能性があるので、早めの対応を検討する必要があるでしょう。その際は、自社の業務範囲などに適したツールの導入を検討しなければなりません。設備CADであれば、Revitとの互換性が高い「CADEWA Smart」がおすすめです。1時間で実機説明とデモ操作が可能な「オンラインデモ」も受け付けているので、設備CADの導入を検討している方はぜひご活用ください。

オンラインデモの申し込みはこちら