建設業界におけるICTとは?活用事例と課題もあわせて解説

IoTやICT、ITなどデジタル技術に関わる用語はたくさんあります。そのなかでも、建設業界においてはICT技術の活用が、近年盛んになっています。今回は、建設業界の業務の効率化や生産性の向上で重要な役割を担っているICTの概要と活用事例について解説します。

建設業界におけるICTとは?

ICT(Information and Communication Technology)は、日本語では「情報通信技術」と訳されます。主に通信を使ってデジタル化された情報を利用することを指し、現代のビジネスや社会生活に欠かせないテクノロジーとなっています。

一方、IoTはInternet of Thingsの略語で「モノのインターネット」と訳されることが一般的です。しばしばICTと意味を混同されがちですが、IoTはあらゆるモノをインターネットとつなげることで、遠隔操作や監視、データ収集などを行う技術もしくは「つながっている状態」を指します。ICTはモノ同士ではなく、人とインターネットや人同士を接続する技術なので、定義が異なることも覚えておきましょう。

建設業界でのICT活用事例

ICT技術の活用は、国土交通省が2016年に始めた「i-construction」の推進もあり、サービスや製品は既に建設業界で利用もしくは、実証実験が行われています。その一例を建設業労働災害防止協会の「ICT活用事例」から紹介します。

土木工事におけるICT活用事例

土木工事ではVR装置による社員の教育やクラウド活用、荷接触衝突防止アプリ、簡易測量アプリなど、幅広い業務や目的でICT技術が使われています。同じ技術でも利用シーンは様々で、安全教育のためにリアリティのある危機体験を擬似的に再現するもののほか、騒音シミュレーションシステムなども開発されています。

設備工事におけるICT活用事例

設備工事においても、土木工事と同様に様々なICTソリューションが実施されています。例えば、無人でコーンバーなどで区画された作業エリアの清掃を行う自律型清掃ロボットのほか、集合住宅の内装工事の進捗状況をQRコードを利用したシステムにアクセスし、確認できるシステムを導入することでこれまで担当者が目視でチェックしてた作業の一元管理を実現した事例もあります。

出典:建設業労働災害防止協会「ICT活用事例」

ICT導入に対する課題

前述のように多くの企業がICTを活用した「ICT施工」や関連業務の効率化などに成功している一方、円滑に運用し続けるための課題も明らかになっています。

例えば、現場の担当者としてはICTを活用した新しい工法や技術を覚える必要があるため、身に付けるまでは作業負担が大きいと感じる人が増える可能性があります。さらに現場の条件も様々なため、最適な技術を選択することが困難なことも普及を妨げる課題に挙げられます。現場の職人だけでなく、代理人や施工管理者にとっても従来の作業量に加えて、新たな技術を習得するという業務や精神的な負担も少なくないでしょう。このような現場の現状を打開するためには、官民が連携して建設システムを見直す必要があるほか、効率的な教育方法なども構築する必要があると考えられます。

また、経営視点においてもICTの導入のハードルを高くしてしまう要因はいくつか考えられます。例えば、ICT施工の導入などは進んでいるものの、大手ゼネコンや建設会社などが実験的に行っているケースが多く、明確な費用対効果が見えにくいのが現状です。そのため、中小規模の建設会社などにとっては投資判断が非常に難しいといえるでしょう。さらにICT人材の育成、確保するためには時間と費用が必要です。このような課題を解決するためには、業界全体で技術指導や実績を積み重ねるほか、外部の技術的な指導やノウハウの活用促進を図る必要があると考えられます。

BIMなど建設業界の新しい技術を取り入れましょう

建築業界におけるICTの動向と導入事例、課題について紹介しました。建設業界は、数ある産業のなかでも人材不足や技術継承に多くの課題を抱えているとされています。ICTを活用した施工や業務改善は大きな効果が期待できるものの、適切に運用するためには社内インフラや人材の整備が欠かせません。一朝一夕では実現は困難であるため、数年後を見越した情報収集などを積極的に行うことをおすすめします。

資料請求はこちら