有限会社モア設備設計事務所 代表取締役 村松 宏 様
静岡県
職種:空衛設備設計及び施工管理
現ライセンス:Real 2017 ST総合×1・Real 2017 ST空衛×4

導入前のCAD、導入の経緯

CADEWA導入前は汎用ソフトを使用していましたが、図面を描いているスタッフごとに図面の出来が違い、訂正に時間をとられていました。さらに、スタッフごと技術的な能力が異なり、同レベルの図面を作成することができませんでした。

改善するため設備専用ソフトを調べていたところ、出会ったのがCADEWAでした。当時はかなり高価なソフトでしたが、それに勝る魅力を感じ導入に至りました。

導入後の効果

CADEWAを導入し、図面の表記が統一されたおかげで、作図ミスが見つかりやすくなり、訂正時間を短縮することができました。また、CADEWA導入前は建築の担当者に平面の図面で説明をしていましたが、平面の図面では
管や機器等の配置を把握することが難しく、説明に時間を要していました。

しかし、CADEWAREALにソフトを更新後、作成した3次元図面で説明をすると、収まりを説明しやすくなっただけではなく、相手も理解しやすくなったようで、取り合い調整などがスムーズに進むようになりました。
さらに嬉しいことに、実際に現場で作業される方々に図面がわかりやすいというお声をいただきました。

今後、CADEWAに期待すること

シンボルが最新の機器に合っていないため、当社では調整して使用しています。ですので、有名なメーカーとはタイアップ等して常に最新のデータでシンボルを使用することができたら、図面作成がさらに楽になると感じます(stem機器は選択に時間がかかったり、制約が多かったりするため、めったに使用することはありません)。

また、給水配管の計算が国土交通省では推奨流速による計算が求められているため、計算の方法に追加していただけるととても助かります。

最後に要望ではないのですが、CADEWAサポートの方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも質問に丁寧かつ即対応をしていただけるので、安心してソフトを使用することができています。ありがとうございます。これからも色々質問すると思いますが、よろしくお願い致します。