太平電気株式会社 様
宮城県
従業員数:140人
業種:電気工事会社
導入製品:Real電気
<どのような仕事が多い?>
箱モノ工事系の電気設計/施工
民70% 官30%

導入前のCAD、導入の経緯

当初は自社向けにカスタマイズした専用CADを導入していたが、開発ベンダーのシステムメンテナンスの頻度が低く、時代経過と共に次第に陳腐化してしまいました。やがてJW-CADを中心に多様なCADが混在するようになり、社内の図面品質精度にバラつきが出始めた事が全社統一CAD検討のキッカケでした。

CADEWA導入の決め手は、開発体制がしっかり確保できている事と、電気工事会社にとって本当に必要な機能を継続的にバージョンアップ等で提供できている事でした。

導入後の効果

CADEWAは、直感で操作できるのでCAD初心者にも分かりやすく、スムーズな導入ができたと感じています。
導入効果としては、電気専用機能により図面作画時間が大幅に短縮できました。
平面を書きながら、同時に断面も作画できるので断面図をいちいち作画する必要が無くなったり、多発する図面変更への対応が大きくスピードアップできるようになった事も大きかったと感じています。また汎用CAD(JWW、DWG、DXF)の図面も、ほぼ文字化けせず開けるので、変換時の作業も楽になりました。

現在設備業者の多くが3D-CADを利用しており、その図面データを元に、取合いチェックが容易となり、図面ミスや手戻り・施工ミスが減ったのも効果の1つだったと感じています。

今後、CADEWAに期待すること

現状BIM(3D図面)物件が徐々に出始めており、今後はBIMデータへの対応が必要になってくると感じています。電気図面でどこまで3Dを求められるかは手探りではあるが、求められる3Dデータをスムーズかつ簡単に作画できるよう、操作性の充実を推進してもらいたいと感じています。

また、現状のマニュアルや画面HELPを読むのは理解し辛い部分もあるので、操作方法の動画集をWeb確認できるようなサポートがあると助かります。