長野電気工事会社 様
長野県
従業員数:13人
業種:電気工事会社
導入製品:Real電気、LT電気
<どのような仕事が多い?>
商業施設施工などの箱もの工事
民70% 官30%

導入前のCAD、導入の経緯

当時は電気組合のCAD講習会に出席し、JWを学習してみたが、使い勝手が悪く不便と感じていました。その後、電材屋さんに「CADEWA」という設備専用CADがあることを紹介され、デモを見たのがCADEWA検討のキッカケでした。

当時CADEWA+パソコン含め高額であったが、先代社長が購入を決断し、以来25年ほどCADEWAを使い続けています。

導入後の効果

導入当初は、どこに必要なコマンドがあるかを覚えるのに苦労しましたが、直ぐ慣れました。社内の他利用者も同様で、作画に苦労した事はあまりありません。現状多くの機能は利用していませんが、作画効率も良く、精度の高い図面作画ができていると感じています。

図面互換についても、建築側から貰うJW建築図面をCADEWAで開く際や、建築側へ電気図面を載せて返す際のJW変換(CADEWA→JW)も精度が高く、図面のやり取りで不満を感じた事はありません。また、CADEWAを長く利用していますが、バージョンアップやレベルアップで細かい機能追加や改良をしてくれるので、どんどん良くなっていると思います。

CADEWAを使う事で、短納期の仕事や精度の高い図面対応ができ、会社の優位性を高めることが出来ていると満足しています。正直、JWしか利用していない同業者に、CADEWAの存在を知られたくないのが本音です(笑)。

今後、CADEWAに期待すること

機能的には現状でも満足していますが、作画にかける時間を大きく短縮できるシステムの組み込みなど(例えば「AIによる自動作画結果を修正すれば図面が完成する」など)、更なる利便性の向上に期待したいと思っています。