電気CADのここがスゴイ!設備設計に便利な4つの機能

CADは建築、機械、設備など用途別の種類がたくさんあります。そのなかでも電気設計や施工図の作成に特化した機能が備わっているCADが「電気CAD」です。電気CADを上手に活用すれば、製図の効率化はもちろん、外部との図面のやりとりの円滑化などの効果も期待できます。 今回は電気CADを扱う人であれば、知っておくべき基礎知識と便利な機能、汎用CADとの違いについて解説します。

電気CADとは

電気CADは、電気設備工事で必要な「電気設計」および「電気設備図」の作成をサポートするための設計支援システムです。電気設備図は複数あり、工事内容によって作成する図面が異なります。 電気CADには、各種図面に必要なオブジェクトを最小限のクリック数で反映できるなど、製図をより効率的で分かりやすく行える機能が搭載されており、従来の電気設計の工数を大幅に削減できます。

電気CADの特徴

電気設備図を作成できるCADは、大きく「無料(フリー)ソフト」と「有料ソフト」の2種類に大別できます。さらに有料ソフトは、幅広い図面の作成の製図に利用できる「汎用ソフト」と、電気を含む設備工事に特化した「専用ソフト」に分けられます。 どのソフトを導入するかは、各企業の予算や受注する工事の規模、年間に作成する図面の数によって異なります。ただ、一般的にはより高度な機能を搭載し、効率化や工数の削減に大きな効果が期待できるのは「専用ソフト」となります。

無料(フリー)のCADソフトの特徴

Jw_cadなど、無料で使えるフリーソフトを利用している電気工事業社は少なくありません。フリーのCADソフトの最大のメリットは、コスト0で簡単に導入できることです。Jw_cadの機能は有料ソフトと比べると少ないものの、手書きと比べると工数削減もある程度見込めます。

その一方、Jw_cadには「PDFデータの取り込みができない」、「電気図面用のシンボルが少ない」というデメリットもあります。電気設備図の作成数が多いほど、非効率さや扱いにくさを感じる可能性があります。 また、Jw_cadは今後主流になると考えられている3次元にも対応できないのも、デメリットの1つです。

有料の汎用CADソフトの特徴

有料の汎用CADソフトは、ソフトの導入や使い方について、電話やメールなどでサポートが受けられるのもメリットの1つといえるでしょう。

デメリットは後述する専用CADと比べると、設定すべき項目が非常に多く、寸法、文字のスタイル、単位の設定などが必要になります。用途に合わせて適切に設定することで、色々な用途に使えるというメリットと表裏一体ではあるものの、電気設備図の制作のみに利用する場合は欠点になり得ます。さらに操作が直観的と感じにくいこともデメリットの1つです。

電気CADの便利な機能

有料の電気CADの種類はそれほど多くありません。今回はその代表例として、富士通四国インフォテックが開発・提供している電気・空調・衛生などの建築設備CAD「CADEWA Smart」の機能から便利な機能を紹介します。

■使いやすい画面構成

直観的で分かりやすい「リボンインターフェース」や長さや角度などのガイドを手元に表示できる「スナップ機能」を搭載。汎用CADでは課題になりやすい「使いやさ」を重視し、ベテラン技術者から初心者まで使いやすいインターフェースになっています。

■多彩な配線作画機能

単独・一括配線、一筆書きモードなど用途や個人に合わせた多彩な配線作画を用意。さらに配線のトレース機能なども備えており、より効率的な製図を支援します。

■充実したシンボル

日本電気工業協会の「JECAシンボル」を標準搭載しています。さらに寸法を器具配置と同時に行えるのも円滑な図面作成を後押します。さらに図面内で作成した配線条数や機器・器具を検索して「電気器具表」、「配線注記表」などを自動で作画できます。

■多彩な編集機能

機器の倍率・角度や部材の置換、移動、レベルの変更など多彩な仕上げや編集が可能なのも専門CADの特長です。また、設備の寸法の一括・連続作画や値を編集して部材連動移動にも対応。より効率的な作画を実現します。

■計算機能

製図以外の作業にも対応しています。例えば、建築設備計基準に沿った幹線用、分岐配線用の「電路計算書」のほか、「照度計算書」の作成も可能。

電気CADの導入の作業効率化にも繋がる

電気CADの概要と無料ソフト、有料ソフト(汎用・専用)の違い、メリット・デメリットについて解説しました。いずれも比べると大きく作業の効率化が期待でき、製図作業の効率化は作業コストの改善にも繋がるのではないでしょうか。