画面構成

選択パネル

選択条件の設定ができます。フィルタ機能により選択したい用途や色・レイヤなど絞込みが可能で、特定部材をすばやく選択することができます。

ビュー

平面・立面・側面だけでなく、何枚でも自由に面を設定でき、どの面からでも作画編集が可能です。
「CG」表示切替ボタンを押下することで、通常ビュー表示と3DCGを簡単に切替え可能です。

【画面操作ツールバー】
表示に関する操作方法や視点方向などが設定できます。
BOXから平面/正面/側面ビューや自由視点など簡単に切り替えれます。

シート管理

用途や区画に応じて描き分けることができます。また、シート毎に表示・検出・3D表示の設定が可能です。

各種パネル

パネルのレイアウトは自由な位置に配置が可能です。

様々な補助機能が用意されています。

●施工チェック  : 施工上問題ないかチェックする項目を確認できます。
●集計結果  : 指定範囲の部材を集計した結果を表示できます。
●図面・ビュー管理: フロアや断面ビュー、ぺーパーレイアウト、外部参照、ラスターなどの定義を行えます。
●レイヤー  : レイヤ―の確認や変更などレイヤーの管理を行えます。
●ブロック管理  : ブロックの作成や編集を行えます。
●ビューポート管理: ビューポートの作成や編集を行えます。
●シート管理  : シートの作成や編集を行えます。
●ジャンプリレー  : 「ジャンプ」する際の継続項目を設定できます。

図面・ビュー管理パネル

1物件に対してビュー定義やフロア情報・ペーパーレイアウト・参照図面・ラスター(PDF/画像データ)などを一元管理できます。

ペーパーレイアウト

モデルから複数の印刷用レイアウトを切り出すことが可能です。
モデルから任意の領域をビューポートとして切り出すことができ、ビューで変更した結果は、ペーパーレイアウトに即時反映されます。

コンテキストメニュー(右クリック)

作画済みの要素上で右クリックすることで、「最近使用したコマンド」や「関連コマンド」が表示され、直感的にコマンドの選択が可能です。

自由なレイアウト(マルチディスプレイ対応)

ビュー/各種パネルはポップアップができ、デュアルディスプレイ表示が可能です。作画領域を広く取ることができます。

ジャンプ

配置済みの部材・要素を「右クリック」することで、同じ部材・要素を
作画するコマンドが自動選択されます。作画条件も自動で設定されるため、作業効率が大幅にアップします。

一括変換

複数のデータを指定したCADデータ形式に一括変換できます。関係業者とのデータのやり取りもスピーディーに対応できます。

印刷、連続印刷

平面・断面・CGビューやペーパーレイアウト含めた複数ビューの印刷が可能です。また色毎の線幅・線種のピッチ等を設定でき、印刷環境として作成できます。
連続印刷機能により複数のファイルを指定した用紙サイズで一度に印刷できます。

オートスナップ

要素の基点・中点・端点・交点を検出し、マークで表示するオートスナップ機能により、作画始点などすばやく決定できます。

製品説明

基本機能
電気機能
空調・衛生機能
建築機能
リアルタイムフル3次元CG
データ互換
ライセンス
保守サービス
動作環境
製品一覧