製品概要

電気・空調・衛生の建築設備設計・施工図作成に特化。
BIMと利便性をを強化し、さらなる作画効率アップを実現

電気・空調・衛生の建築設備設計・施工図に特化したCADEWA Smartは、多彩な部材や効率よく図面を仕上げる専用機能で作業時間を大幅に削減することが可能です。ベテランから初心者まで、誰でも馴染みやすいインターフェースや操作性を採用。
また、BIMなど3次元の要求に対応するため、より高精度な3D表現を可能とし、大手ゼネコンでも採用の進むREVITとの互換性を強化。3次元を使った取り合いは勿論、属性の利活用を可能としました。

DX支援

「施工図自動作成」機能により単線設計図から複線施工図を自動作成。施工図作成の時短に貢献。

施工図自動作成

CADEWA Smartで作画した単線設計図を基に、自動で機器とルートを設定に従ってレベルを調整し、干渉回避することで、複線施工図を作成することが可能です。

積算連携 見積CRAFT

CADEWA Smartの材料集計結果を、見積CRAFT DX連携データで出力し積算連携することができます。見積CRAFT DXの物件情報に直接変換するため、見積CRAFT DXでは物件情報を開くだけで見積書をご確認いただけます。

施工チェック

図面から一括で、不整合箇所や、べからず工事(間違った施工方法)62項目をチェック可能です。手戻り工事が発生しないのはもちろん、質のいい図面の作成が可能です。

必要部材の自動発生

ポンプの配管作画と同時に必要部材を自動作画。
他にもビニル管にネジ付きバルブを配置した際、自動でバルブソケットを作画します。早いだけではなく「抜け漏れ」を防止します。

振れ止めの自動発生

インサートの作画と同時に、耐震基準に沿った吊金物を一括で作画できます。

高精度な干渉チェック

部材の開閉領域や開口スペースを判断し、高精度な干渉チェックが可能。また、近接する部材の注意喚起、配管など保温材を加味したチェックもできます。

BIM対応

REVIT®との親和性を高め制度の高い統合調整をスピーディーに行うことが可能。また、CSV入出力やIFC4に対応によるBIM推進を実現。

Revit®互換

Audtodesk®Revit®のネイティブファイル(.rvt)を中間ファイルを介さず読込/出力可能です。CADEWAで、Revit®データを取り込む際Revit®リンクやワークセットの情報を識別してシート分けし、参照するデータ、編集するデータを区別して扱うことが可能です。さらにRevit®アドイン[CADEWAマージ]を使ってデータ互換することで、Revit®が要素毎に保持するオリジナルIDを維持できます。これまで互換の度にオリジナルIDが変化し、形状BIMのやり取りだけだったものが、オリジナルIDを維持することで、CADEWAで編集されたデータを再度Revit®に戻した際、要素同士の紐づけが欠損しません。そのため、複数回のデータ往来が可能です。干渉チェックを目的としたデータ連携だけでなくRevit®をプラットフォームとしたBIMワークフローに、設備CADであるCADEWAを組み込みお客様の生産性向上に貢献します。

BIMモデル情報のCSV入出力

選択したオブジェクトの一覧を、属性値と一緒にCSV形式で出力可能です。必要な情報をお客様独自票に出力したり、他社ソフト連携するなど利活用が可能です。また、編集したCSVをCADEWAに取り込み情報を反映することが可能です。

IFC4対応

IFCデータ利用標準に対応。フレキ、さや管、可とう管、冷媒管の曲がり半径が正確に表現でき、用途情報の受け渡しも可能です。また、機器を部材登録しながら読み込みすることもでき、IFCデータの機器も集計できます。

建築設備図面を効率よく作画するために考え抜いたインターフェース

ハンドル操作

ハンドル操作からダイレクトに作画・編集可能。[スペース]キーを押す度に、ハンドルの種類を切り換えます。

スナップ機能

ルート作画時には、長さや角度などのガイドを常に表示。数値入力による指定も可能です。

オンライン方式のライセンス認証

プロダクトキーによるオンライン認証方式にてライセンスが取得できます。ライセンス取得後はオフラインでの運用が可能です。(認証後最大30日間)。ライセンスを利用しない場合はライセンスを返却することで、別のPCでライセンス認証ができ、複数人で効率よく運用できます。

V4の新機能紹介動画

詳しく見る

導入後も安心の製品保守サービス付き

製品の使い方やバージョンアップの最新版など、製品保守サービスの加入により常に最新版かつ徹底したサポートを受けられます。
※保守サポートは別途オプションとなります。

常時最新バージョンの提供

ご加入期間中にリリースされる本ソフトウェアのバージョンアップ版を提供します。

電話やEメールによるテクニカルサポート

CADEWA Smartに関する、電話・Eメール・リモートによるテクニカルサポートをいつでも受けられます。

会報誌・QA集の無償提供

会報誌「きゃでわ」及びQA集の無償提供。さらに会員者用サイトによるサポートを受けられます。 ※会報誌及びQA集は不定期の配布となります。

建築設備CAD CADEWA Smart
カタログ

CADEWA Smartの製品カタログを
ご用意しました。
右のカタログをクリックし、ご覧ください。

他メーカーのCADソフトウェアとの
互換性も充実

 
読込可能なデータ形式
CADEWA Smart *.ZDW
CADEWA Real 2015-2017 *.ZDU
CADEWA Real 2013以前 *.ZDX
CADEWA Evolution *.ZD3
AutoCAD®︎ *.DWG
(AutoCAD®︎R14-2022まで)
AutoCAD®︎のDXF *.DXF
(AutoCAD®︎R14-2022まで)
JW_CAD for Windows *.JWW
(Ver8.25aまで)
JW_CAD *.JWC
BE-Bridge *.CEQ
(Ver5.0-7.0まで)
IFC *.IFC
(IFC4,2×3)
Parasolidデータ *.x_t,*.x_b,
*.xmt_txt,*.xmt_bin
PDF(ベクトルPDF) *.PDF
SXF *.SFC,*.P21
REVIT®︎ *.rvt,*.rfa
(Revit🄬2017-2022まで)
SVGファイル *.svg
   
出力可能なデータ形式
CADEWA Smart *.ZDW
CADEWA Real 2015-2017 *.ZDUX
AutoCAD®︎ *.DWG
(AutoCAD®︎R14-2022まで)
AutoCAD®︎のDXF *.DXF
(AutoCAD®︎R14-2022まで)
JW_CAD for Windows *.JWW
(Ver7.00-Ver8.25aまで)
BE-Bridge *.CEQ
(Ver7.0)
IFC(設備IFCデータ利用標準V1.3) *.IFC
(IFC4,2×3)
Parasolidデータ *.x_t,*.x_b
PDF形式、3D-PDF形式 *.PDF
SXF *.SFC,*.P21
REVIT®︎ *.rvt,*.rfa
(Revit🄬2020,2021,2022)
STL *.stl

ご注意事項
・*.ZDX*.ZD3読み込みは、形状のみの読み込みになります。(部材変換無し)
・REVIT®︎向けに用意している整合性チェック及び部材変換のアドインはREVIT®2020,2021,2022でのみ動作します。
以降バージョンについては順次対応予定。

ラインアップ

製品名概要販売価格
CADEWA Smart賢さ、材料集計、各種計算機能を搭載したフル機能版オープン価格
CADEWA Smart LT平面図作成に特化した機能限定版。フル機能版と100%互換可能オープン価格
CADEWA Smart ダクト製作オプションCADEWA Smartフル機能版のオプション製品(LT不可)
ダクト製作属性を付与し単品図作成可能
オープン価格
CADEWA Smart 保守サービス(1年間)加入期間中、最新バージョン提供。質問などのサポートQA対応60,000円/年(税抜)
(1ライセンス単位)
CADEWA Smart 保守サービス
ダクト製作オプション(1年間)
加入期間中、ダクト製作オプションの最新バージョン提供。
質問などのサポートQA対応
20,000円/年(税抜)
(1ライセンス単位)

ダウンロード

建築設備CAD CADEWA Smart ダウンロード内容

Smart 無償Viewer 建築設備CAD CADEWA Smart図面データを無償で表示、印刷できます。
整合性チェック+部材変換ツール Revitとのデータ互換時に発生する形状の抜け漏れをオブジェクト単位で確認したり、CADEWAの部材をRevitファミリにマッピングまたはCADEWA部材の3D形状はそのままに属性だけをRevitの共有パラメータにマッピングすることができる、Autodesk®️ Revit®️※ への無償アドインツールです。
※「Autodesk®️ Revit®️」はオートデスク株式会社の登録商標です。

下記のページより必要事項を記入してダウンロードをして下さい。

建築設備CAD CADEWA Smart ダウンロードのページはこちら (アンケートの回答にご協力下さい)

動作環境

推奨動作環境

OS Windows11 64bit(ARM版Windows11は未対応)/Windows 10 64bit(ARM版Windows10は未対応)/Windows 8.1 64bit
CPU Core i7,Core i9シリーズ以降(CPUコア数4コア以上 / 周波数が高いもの推奨)
メモリ 16GB以上
ハードディスク空き容量 10G以上(システムドライブにM.2 SSD(NVMe接続)を推奨
ディスプレイ/解像度 Full HD(1920×1080)以上
ディスプレイ/色数 フルカラー対応
ディスプレイ/タッチパネル 任意
グラフィック/OpenGLの対応バージョン OpenGL 4.0以上
グラフィック/DirectXの対応バージョン DirectX 11以上
グラフィック/性能 OpenGL専用対応カードを推奨(例:NVIDIA Quadroシリーズ)
その他 ホイール付マウス、キーボード、DVD-Rドライブ、インターネット接続環境(Web認証時)